腰痛体操で腰痛対策

5c6e5a2201658adfc003edf9170190ae_s
腰痛体操
人間が猿人から4足歩行を捨て、2足歩行になってから腰痛が生まれたと言われています。

ただこれが本当であれば、人間っていうのは軽く欠陥品でもあると思うのは自分だけでしょうか?

確かに腰を痛める姿勢なのかもしれませんが、2足歩行になってもう1万年以上経っているわけですから、遺伝子的に改良があっても良いような気がします。

それより何より問題なのが現在の生活習慣の方が腰にたいしてよっぽど悪影響を与えているのではないでしょうか?

デスクワークで1日中座りっぱなしとか、同じ姿勢を長時間行っている事が腰痛に繋がっていると考えられます。

その中で先日テレビで放送されていた腰みがきなどは今までにある体操の焼き増しでしかないとは思うのですが、しかし有効だと思います。

ただ、あえて言わして頂けるなら、長時間同じ姿勢が続く方であれば、運動をするという事。

常に体を動かしていて腰に痛みが出ている人は、安静を第一に考えながら改善していく方法を考えていく事が大事かと思います。

またその安静にしている際の横になるベッド、またはマットレスというのも、睡眠時における自己治癒力を上げるという意味では大事なアイテムになるかもしれませんね。

FAGAや頭のてっぺんの薄毛をどうにかしたいならこの方法!

f21d42ff478e2c555bcd6244bf2197a1_s

頭のてっぺんの薄毛もしくは抜け毛で困惑している方、何年か経ってからの自分自身の頭髪に自信がないという方に手を貸し、ライフスタイルの修正を目論んで手を打って行くこと が「FAGA治療」だというわけです。

 
自分の考えで育毛を継続してきたために、治療を実施するのがずいぶん後になってしまうケースが多々あります。一刻も早く治療に取り掛かり、状態が深刻化することを防止することが大切です。

 
若年性脱毛症につきましては、それなりに元に戻せるのが特徴だと言えます。生活サイクルの修正が何より効き目のある対策で、睡眠あるいは食事など、気を付けてさえいれば実施可能なものばっかりです。

 
目下のところ頭のてっぺんの薄毛治療は、全額自己支払いとなる治療になっているため、健康保険を利用することはできず、少々痛手です。その上病院が変われば、その治療費は変わってきます。

 
男の人は勿論の事、女の人だとしてもFAGAに陥りますが、女の人に関しては、男の人によく見られるある部分だけが脱毛するということは殆ど見られず、毛髪全体が頭のてっぺんの薄毛へと進行するというのが典型的な例です。

 

寒くなる秋ごろから春の少し前の時節までは、抜け毛の本数が増加するものです。誰でも、この時期に関しましては、普通以上に抜け毛が目立つのです。

 
FAGAが発症する歳や、その後の進度は三者三様で、20歳前に症状が出ることも稀にあります。女性ホルモンと遺伝的条件により引き起こされているとされています

何気ない休日!改めて便利な世の中だと感じたこと

2016y06m11d_005258025

営業マンの休日は業種にもよると思いますが、
思った以上に不透明なところ。

普通に休日出勤だと思っていた土曜日が
今度は急に普通の休日になってくれました。

そんな突然舞い降りた休日ですが、
急なこともあって、なんの予定も考えていませんでした。

さてどうしたものか?

せっかくなので楽しみではありませんが、
行こうと思ってなかなかできていなかったことを
やってしまおうと思いつきました。

まず、最初にいこうと思ったのが歯医者です。

1か月ほど前に歯の詰め物がとれてしまったのですが、
仕事が忙しくてなかなか治療に行けていませんでした。

昔はあまりありませんでしたが、
いまは休日に予約できる歯医者さんは結構あるようです。

休日は込んでそうなので、
もっと前に予約していないと難しいかとも思ったのですが、
私の行ったところはそういうわけでもなく普通に治療をすぐしてもらえました。

続いて私がその日に向かったのは散髪です。

ちょっと前まではふけたくないという想いを込めて
女性客がほとんどの美容室に行ってましたが、最近は
もっぱら1000円カットに行っています。

これの良いのはとにかく早いし、
当日に行っても回転も早いので以外と
並ばなくてい良いことです。

さっさと切ってもらって、
せっかく出かけたついでに大好物のラーメンでも
がっつり行くか!

そんな急に舞い降りた休日でした♪

 

リアル店舗での買い物を大事にしたい理由

23.ゲーム市場について

先日甥っ子にせがまれて、
カルドセプトリボルトの予約をしました。

「カルドセプトリボルト」と聞いて、
正直最初は新しい栄養ドリンクかなんかの名前かと思いましたが、
そもそも小学生が叔父に栄養ドリンクなんてせがむわけがありませんからね(笑)

 

「カルドセプトリボルト」というのは、ゲームソフトの名前で、
どうしてもそれをやりたいからと、今から予約してと言われたのです。

私も子供時代はゲームにハマった思い出がありますが、
さすがに予約までして買ったことはありませんので、
その熱意の凄さにも驚きましたけどね。

 

しかし、最近はゲームに限った話ではないかもしれませんが、
何でも手軽にネットで予約ができますからね。

しかもお店に足を運ばなくても、
ネット上でどこが安いのかも簡単に比較をすることができます。

お店で買うのがバカバカしく思ってしまうことがあるほどですからね。

 

しかし、こんな時代だからこそ、
私はお店で買う機会というのを大事にしたいと思っています。

正直、ゲームソフトなんかはどこで買っても一緒なのでネットでも良いと思いますが、
個人的には洋服や家電はお店の方としっかりとお話をして、
納得ができるものを選びたいと思っています。

最近そういう買い物をしていないという方は、
たまにはお店に行って買い物をしてみてはいかがでしょうか?

接客してくれたお店の方に、
「ありがとう」という気持ちを込めてお金を支払うのも、
買い物の一つの醍醐味だと思いますよ!

飛び込み営業の真髄を仮面ライダーで改めて思う

IMG_1327[1]

30歳も過ぎてくると、新入社員の時の飛び込み営業がとても懐かしく思います。

新入社員の時はとにかく恥ずかしいのと、自分が言いたいことが上手くしゃべれない。

自社の商品を自信をもって販売出来ないからもちろん売れないということで、随分苦労した覚えがあります。

そんな私も30を過ぎ、結婚して長男が生まれ一緒に今やってる仮面ライダーを見ているときに飛び込み営業のというか、人生の生き方を改めて教えてもらった気がします。

 

今放送されている仮面ライダーゴーストは15人の偉人の力を借りながら悪の組織と戦います。

その中には剣豪ムサシや発明王エジソン、音楽家のベートーベンや弓矢の使い手ロビンフッドなど、その状況に応じて主人公タケルが偉人の魂を自分に憑依させることが出来るのですが、自分も営業が苦手だった時のその状況を打破したきっかけが、自分じゃない自分になりきることでした。

 

営業の上手い先輩にくっついて、最初はしゃべる言葉を録音して一言一句真似てみる。

そしてその先輩になりきって話をしていくうちに、上手くしゃべれるようになったんです。

 

今ではなんの躊躇も無く営業も行けますし、アドリブなんかもスラスラ出来ますが、結局は経験が乏しい間はまず真似てみるというのはすごく大事なことに思えます。

 

とりあえず今の部下に仮面ライダーを見て学べ!!って言ってみましょうかね(笑)